大阪府大阪市旭区にて『トイレタンク故障修理』の依頼を承りました。

 

到着して調査するとレバーの不具合、ボールタップの故障、フロートゴムの劣化となかなかの状態でした。

 

大阪府大阪市旭区  トイレタンク故障修理

 

レバーに関しては張り紙までしてます。

 

 

とりあえずフロートゴムのチェーンが切れて短く繋いでいたので交換して、オーバーフローしてたのでボールタップの交換をしました。

 

大阪府大阪市旭区  トイレタンク故障修理

 

恐らくボールタップを故障したらフレキ管も交換となります。

 

大阪府大阪市旭区  トイレタンク故障修理

 

まずは水漏れ修理から着手するのがベターです。

 

レバーはチェーンが短いと戻りにくくなる場合があるので後回しです。

 

ここはプロの意見を聞くか聞かないかで費用が変わります。

 

 

 

大阪府大阪市旭区  トイレタンク故障修理

 

ナットの絡みでフレキ管も交換します。

 

大阪府大阪市旭区  トイレタンク故障修理

 

大阪府大阪市旭区  トイレタンク故障修理

 

ボールタップ、フロートゴム、フレキ管を交換して一旦テストします。

 

やはりレバーの戻りが悪い。

 

レバーも交換します。

 

大阪府大阪市旭区  トイレタンク故障修理

 

大阪府大阪市旭区  トイレタンク故障修理

 

水漏れもレバーの不具合も無くなりました。

 

ただ、古いタンクで現行の部品じゃないのも使ってるんで何十年はもたないです。

 

もって5年ってトコやと思います。

 

まぁ〜

トイレ交換するよりはその場は安く付いてますが長持ちしないので我々は儲かります。

 

これが分かってないぼったくり業者は全力でトイレ交換を勧めて来ます。

 

まぁ〜

適正価格なら絶対にトイレ交換の方が良いんですがお客様が『とりあえず応急で』って一言でも言ったらニコニコしながら修理しちゃいます。

 

一応、交換と修理を最初に聞いてメリットとデメリットを丁寧に説明するんですが7割のお客様は修理を選びます。

 

目先の金額ばかりを気にして損をしてるお客様は結構居てます。

 

親切な水道屋さんを見付けたらしっかり説明を聞いて交換するのか修理するのか決断しましょうね〜

 

山川設備はお客様の意見を第1に優先して作業します。