大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀|水のトラブルおまかせください

東大阪市指定給水装置工事事業者 指定番号 第891号

0120-505-549SOSでGO!至急

大阪府高槻市城東町 厨房水栓水漏れ修理 水栓交換 水道水漏れ修理

2018.05.14

大阪府高槻市城東町にて『厨房水栓水漏れ修理 水栓交換 水道水漏れ修理』の依頼を承りました。

 

今まで何度かお伺いさせて頂いてるお客様でお伺いする度に「ここは直さなくて良いんですか?あっちは直さなくて良いんですか?」ってあれこれ提案させて頂いてた現場でいよいよ複数箇所修理するみたいです。

 

依頼の段階では4箇所の水漏れ修理やったんですが最終的には5箇所の水漏れ修理となってます。

 

長くなりますがお付き合いよろしくお願いします。

 

 

まずは1箇所目の水道水漏れ修理になります。

 

恐らく増設したんやと思いますが水栓の水漏れじゃなくフレキ管からの水漏れ修理です。

 

 

止水バルブが無いんで給水なら営業中では修理出来ませんが給湯なんで給湯器で止水しての水漏れ修理となってます。

 

見るからにって状況なんと止水バルブが無い状況なんでフレキパッキンの交換は試さずフレキ管そのものを交換対応します。

 

 

まずは水漏れしてた古いフレキ管を解体撤去して行きます。

 

水栓側のフレキナットは何度も増し締めしたんやと思うんですがボロボロになってたんでフレキ管そのものの交換対応で正解やったんやと思います。

 

 

新しいフレキ管を施工しました。

 

最初は水栓からもボトボト水漏れしてる様に見えたんですがフレキ管を施工してから通水テストしたら水栓からの水漏れは無かったんで伝い水やったみたいです。

 

 

2箇所目の水漏れ修理は厨房水栓の水漏れ修理です。

 

スパウトそのものとスパウトの根元からの水漏れなんでスパウトを交換して行きます。

 

 

まずは水漏れしてる古いスパウトを解体撤去して行きます。

 

スパウトの根元からの水漏れだけならパッキンの交換対応で水漏れが直る時も無くはありませんがほとんどの場合には水漏れは止まりません。

 

 

更に言うとスパウトそのものに亀裂が入って水漏れしてる場合はビニールテープをぐるぐる巻きにする暇があるなら扱いを優しくする様に徹底してスパウトそのものは交換した方が早いです。

 

結局は亀裂が広がって水漏れが酷くなるだけなんで…

 

 

新しいスパウトを取り付けて完成です。

 

ちなみにこの水栓の止水もかなりギュッと締めて止めてるんで今回は見逃して次回は水栓そのものの交換になると思います。

 

一応、本部様にはミニセラ水栓を推してます。

 

 

3箇所目の水漏れ修理はスパウトの根元からの水漏れと止水不良です。

 

スパウトそのものに亀裂は入ってませんがいつ亀裂が入ってもおかしくない状況に曲がってるんでスパウトそのものの交換対応します。

 

 

先程のスパウト交換は240でしたがこちらのスパウトは170でした。

 

通常サイズになってます。

 

 

止水不良の方はスピンドル交換で対応します。

 

ハンドルレバーの部材がスピンドルから取れなかったんで予備に持ってた部材がピッタリやったからそこだけ交換で済みましたが合わなければハンドルレバーも交換になるトコでした。

 

 

新しいスパウトを取り付けてスピンドル交換も済ませた状態です。

 

ハンドルレバーの部材を探してる時なんやと思います。

 

 

ハンドルレバーの部材も見つかり無事水漏れ修理が完了です。

 

厨房水栓でハンドルレバーにしてる意味が山川設備には分かりません。

 

テコの原理で傷むんが早くなるんでどうせならミニセラ水栓にすれば良いのにっていつも思います。

 

 

もう用が無くなったスパウトとスピンドルです。

 

スピンドルだけ見ればネジが全くなんで本体も近々やと思います。

 

 

4箇所目の水漏れ修理です。

 

こちらは止水不良のポタポタ漏れです。

 

ハンドルレバーもダメやけどハンドルもダメにするんや…

 

 

まずはハンドル、スピンドル、コマパッキンを解体して状況を確認します。

 

結論から言うとスピンドルのネジが全くなんでこちらはハンドルセットの交換対応します。

 

 

ハンドルそのものは使えるんですが今まで何度もギュッと締めてるんでスピンドルから外れない場合が多いです。

 

基本的にこの場合はハンドルセットを交換対応してます。

 

無理に外しても次はゴソゴソになるから時間の無駄です。

 

 

こちらもハンドルセットを交換したら水漏れは止まりました。

 

これも近々本体の方も厳しいとは思うんで次回はミニセラ水栓に交換しようと思います。

 

 

この現場の最後で5箇所目の水漏れ修理です。

 

プッシュ式の立水栓がグラグラになってました。

 

 

状況を確認すると止水栓で水は止められていて話を聞くと水栓そのものの交換してほしいとの事です。

 

ちなみに手洗いの下も水漏れしてたって事なんでフレキ管もダメなんやと思います。

 

 

とりあえず水漏れしてたプッシュ式の立水栓とフレキ管を解体撤去します。

 

山川設備的には排水トラップがなんで歪んでるんかが気になって気になって…

 

 

どちらも錆びて錆びての状態でした。

 

プッシュ式の立水栓のワッシャーが無かったんで相当前からグラグラしてたんやと思います。

 

 

何かのドレン排水が邪魔して新しい立水栓が見えません。

 

プッシュ式の立水栓は持ってないんで取り寄せして後日交換するのか、従業員用の手洗いなんで安いのにするんか選択してもらいました。

 

 

チョイスされたんは一般的な安い立水栓です。

 

従業員用なんで十分やと思います。

 

しかもお湯が出てくるんで贅沢な話です。

 

 

フレキ管も新しいのに交換してます。

 

ここまでやって「アングル止水栓は大丈夫なんやろか?」って思いましたがそちらは無事でした。

 

5箇所目が完全に予算オーバーやったんですが本部様がOKを出してくれた珍しいパターンです。

 

いやぁ〜

長々と書いてみましたが最後まで読んでる人は居てるんやろか?

 

 

 

 

 

 

緊急対応いたします!
お気軽にお電話ください!

0120-505-549

緊急対応いたします!
お気軽にお電話ください!

0120-505-549